セイコーエプソン株式会社
代表取締役社長
小川 恭範

Message

セイコーエプソン株式会社は、2022年、創立80周年を迎えました。
これもお客様をはじめ、多くのステークホルダーの皆さまのご支援の賜物であり、心より感謝申し上げます。

諏訪湖のほとりで時計部品の製造からスタートした当社。
創業者は、諏訪湖を絶対に汚してはいけないという強い信念を持っておりました。
その誠実な想いを我々は今なお受け継いで現在に至ります。

私たちエプソンは、1942年の創業以来培ってきた「省・小・精の技術」をベースに、独創のものづくりを志し、世界中でお客様の期待を超える商品・サービスをお届けするべく、創造と挑戦を重ねてまいりました。 2021年3月には長期ビジョン「Epson25」を見直し、新たに「Epson 25 Renewed」として、将来にわたって追求していくありたい姿を「持続可能でこころ豊かな社会を実現する」と定めました。これまでのように強い技術で革新的商品を生み出すという発想だけでなく、技術によってさまざまな社会課題を解決するという視点で、事業を展開していきます。特に地球環境問題に対しては、その克服のために最大限の努力をしてまいります。

私は社会貢献と社員の幸福こそが、企業の目的であり、両者は密接につながっていると考えています。社員を大切にし、社会に貢献することで、社員に自信や誇りを生み、これがさらなる社会貢献のための原動力になるということです。

私たちは、これからも多くのステークホルダーの皆さまと共に、さまざまな社会課題を解決し、「持続可能でこころ豊かな社会の実現」に向けて取り組んでまいります。

セイコーエプソン株式会社
代表取締役社長